郡山の質屋からおトク情報発信中

郡山の質屋からおトク情報発信中

読んで納得!質屋さん活用術

何気に分からない質屋さんの活用法。えっ、質屋さんってお金が借りられるの?今まで質屋だと思っていたお店はリサイクルショップ?リサイクルショップは質屋と違うの?などなど。知れば知るほど意外と便利な質屋さんの活用法をお知らせします。

知っているようで知らない「質屋」の話 vol.7

2018年08月07日

革製ベルトの腕時計をお持ちの方へ

watchleather1.jpg

前回は、ステンレスやゴールドなど、腕時計の金属製ブレスレットのお手入れについてご紹介しました。今回は、革ベルトについてお話ししたいと思います。

革は、繊維で構成されています。汚れや汗などを吸着しやすく、手入れを怠るとニオイが付いたり、劣化が早まったりするので注意が必要です。帰宅後に時計を外したら、柔らかい布で汚れを落とす習慣を付けましょう。その後は、日陰でしっかり乾燥させてください。革専用クリームを塗り、布で拭き上げれば終了です。ひどく汗をかいた日は、肌に触れる内側部分を硬く絞った布で拭き取ってからお手入れをはじめてください。革は水に弱いため、時計本体が防水であっても、水洗いは厳禁です。夏場は革ベルトが傷むので、金属製ブレスレットの腕時計しかお使いにならない方もいらっしゃいます。

腕時計は革ベルトと金属製ブレスレット、それぞれの良さがあります、革の魅力は軽さ、柔らかさ、装着時のフィット感。使うほどになじみ、味わいを増していくのも革ならではの特長です。金属製ブレスレットの場合、長すぎるときは専門店に依頼する、あるいは専用器具を使ってコマを外さなければなりませんが、革ベルトは穴の位置で締め具合を自由に変えられます。革ベルトは肌に密着させすぎないことも大切です。ベルトの穴位置は、ぴったり締めすぎず、ゆるすぎず、が原則。装着したとき、小指1本ほどのあそびを持たせるようにしてください。




ベルト交換で新品気分

watchleather2.jpg

きちんと手入れを続けていても、革は年月とともに劣化していきます。そんなときは、思い切ってベルトそのものを交換するのもいいですね。

革素材でメジャーなものは、何といっても牛革。同色・同素材のベルトに替えれば、新品気分を味わえます。また、黒から茶色に変えるだけで、印象をガラリと変えられます。ベルト交換を機にお好みの素材にチェンジするのもアリ。牛革以外のワニ革、オーストリッチ(ダチョウ革)などの好きな革を選ぶ、あるいは、あえて派手めな色にトライして、ファッションとのコーディネートを楽しむのもよいと思います。

郡山のブレラ質アキヤマでは、腕時計の預かり、買取、販売など多数のお取引実績があります。ちなみに、革ベルトの腕時計で特に人気があるものは、パネライ、ゼニス、IWCなど。ベルト交換についてもお気軽にご相談ください。

次回から、本格的なメンテナンス「オーバーホール」についてのコラムをお届けします。(続く)