郡山の質屋からおトク情報発信中

郡山の質屋からおトク情報発信中

読んで納得!質屋さん活用術

何気に分からない質屋さんの活用法。えっ、質屋さんってお金が借りられるの?今まで質屋だと思っていたお店はリサイクルショップ?リサイクルショップは質屋と違うの?などなど。
知れば知るほど意外と便利な質屋さんの活用法をお知らせします。

知っているようで知らない「質屋」の話 vol.30

2022年07月25日

日本で発行される記念金貨について

kinka.jpg

前回のコラムに続き、今回も金のお話、中でも「日本で発行される記念金貨」をピンポイントで取り上げたいと思います。

金=インゴット、いわゆる金の延べ棒をイメージされる方が多いかもしれませんが、質屋で買い取りの対象となるのは金のネックレス、仏具のおりん、金歯など、金で作られているものなら何でもOKです。先日は、金の「天皇陛下御在位記念10万円金貨」をお買い取りしました。これを財布に入れてショッピングに出かける人はめったにいないと思いますが、貨幣の一種ですから10万円分のお買い物にちゃんと使えます。ここまで聞くと「重さを量ったら、10万円より高い計算になることもあるのでは?」と思いますよね。もし、この金貨が30gで金相場が8,400円/gの場合、30g×8,400円=252,000円という計算になります。

しかし、忘れてならないのは、ここでいう記念金貨はネックレスでもおりんでもない、"日本の貨幣"であることです。先ほど算出した252,000円とは、あくまで金を溶かす想定に基づく計算です。日本には、貨幣(硬貨)を故意に損傷したり、鋳つぶしたりしてはならない「貨幣損傷等取締法」という法律があるため、溶かすのはもちろん、穴をあけて紐を通してネックレスにしても罰せられます。「それなら、記念金貨を持っていても質屋には売れないじゃないか」とがっかりしないでください。ブレラ質アキヤマでは、お客様から買い取ったお品物をたくさんの販路を使い売却しています。記念金貨は専門業者と取引し、常にプレミアム価格をお客様にご提示できるできるように努めています。記念金貨はもちろん、「この金のアイテムは売れるのかな?」というちょっとした疑問でも気軽に相談してみてください。法律の範囲内でメリットのあるお取引をご提案させていただきます。


「金」が使われている時計を
お持ちの方はブレラ質アキヤマへ

goldwatch.jpg

金の話、さらに続きます。このコラムの場を借りて、皆さまにぜひお伝えしたいことがあるからです。それは、ブレスレット(ベルト)やケースなどに金を使った時計についてです。金相場が上がっている今、腕時計の"金の目方"にも価値が置かれるようになりました。金が使われている時計をお持ちの皆さん、そこまでメジャーなブランドでなくとも、あきらめてしまう前に査定にお持ちいただいてみてはいかがでしょうか。当店では常に「ロレックス」をはじめ「オメガ」「パネライ」「ブライトリング」など、さまざまな有名ブランドの腕時計の取引をさせていただいておりますが、素材に金が使われていれば、「ブランド」に「金」の価値が加わり、さらなる高額査定を期待していただけるかもしれません。

金を使った時計やジュエリーを所有されていても、しまいっぱなしだと価値はある意味ゼロですが、質屋ならお値段がつく可能性があります。ご相談をお待ちしております。