Brera質アキヤマ 知るほど・なるほど

Brera質アキヤマ 知るほど・なるほど

お届けします!Brera質アキヤマのココだけの話

お客様に、身近な質屋さんでありたい

質屋の社長 秋山実です Vol.22

2018年03月10日

何が違う?プラチナ900とプラチナ850

jewelry2.jpg

地球上に存在するプラチナの量は金よりも圧倒的に少ないのですが、用途で見ると金のほうが多岐にわたるため、ここ3年ほどは金の相場がプラチナを上回る"ねじれ現象"が続いています。プラチナは自動車の排気ガスを浄化する触媒として利用されていますが、近年は車の性能向上や買い控えに加え、ハイブリッド車や電気自動車が普及しました。プラチナの利用機会は減り、利用価値も以前ほど高くないのです。

プラチナについて、もう少し掘り下げてお話ししましょう。ジュエリーの留め金などに「プラチナ900(Pt900)」「プラチナ850(Pt850)」の文字が刻まれているのを見たことはありませんか?プラチナ1000=純度100%のプラチナで、プラチナ900=プラチナ90%+その他の金属10%、プラチナ850=プラチナ85%+その他の金属15%という意味です。ここでいう「その他の金属」、つまり合金に含まれるメインでない金属を「割金(わりがね)」と呼んでいます。


使っていない金(きん)をお持ちの方は
ブレラ質アキヤマへ

Gold.jpg

プラチナの割金には、「パラジウム」がよく使われます。耳慣れない名前ですが、パラジウムも金やプラチナと同じ貴金属の仲間です。プラチナにパラジウムを混ぜると硬さや色の調節が可能となり、ジュエリーデザインの幅が広がります。身近なところでは、虫歯の詰め物・被せ物などに使用されています。

金、プラチナ、パラジウム、3種類の貴金属についてお話ししましたが、やはり最も身近なものは金です。指輪やネックレスなどのアクセサリーのほか、金の小判や記念コインをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、仏具の「おりん(金杯)」、金縁のメガネ、金歯、万年筆のペン先にも金が使われています。金は人々の暮らしと共にあるといっても過言ではないでしょう。

金製品を持っているけれど使っていない方は、ブレラ質アキヤマにご相談ください。ネックレスなら喜平でもチェーンでも何でもOK。切れていても、トップの宝石が取れていても問題ありません。傷が付いたリング、片方なくしたピアス、変形した小判もだいじょうぶです。質屋は、金を"物質"として見ます。溶かして繰り返し再生できるところに、金の価値があるのです。(続く)