質入れ・質預かりのしくみ

質入れ・質預かりのしくみ

質屋さんでの質入れ・質預かりのご利用方法

ご利用事例から、質屋さんを上手にご利用いただく方法をご紹介します

質屋さんは、古くから広く親しまれいざという時に利用されてきたお店です。大切なお品物を手放さず、ご自身のご都合に合わせてお金を借りられます。急な入り用ですぐにでもご融資が必要な方など初めてご利用される方でも気軽にご利用いただけます。
出産や進学などで予定外の出費の方、結婚式などお祝い事が重なりお金が不足気味の方など質屋さんの利用方法については、お預かりの期限や利息のお支払い、工夫したご利用の仕方などをご説明します。質入れ・質預かりのしくみや質屋さん用語など、実際に利用する場面を想定したケーススタディでご紹介します。

質屋さんのご利用例と利息について

質屋さんをご利用の際のお利息と具体例についてご紹介します

4月15日に入質

4月15日、しち子さんは突然の出費でお金が必要になってしまいました。そこで、とても気に入って使っているエルメスのバッグを持ち、質アキヤマへ行くことにしました。手放したくない大切なバッグなので質入れ・質預かりを利用しお金を借りることにしました。

質入れ・質預かりは、店頭でのみの取引となり、宅配でのお取引はできません。

※ 質入れ・質預かりでは査定金額の範囲内で自由にお金を借りることができます。
※ 質料は、元金が大きくなればなるほど利率が下がります。
※ 質料は、預かり期間が長くなればなるほど金額が多くなります。早めに出していただくことで質料を安く抑えることができます。

①5月15日に出質の場合

借りた金額(元金)と、1ヶ月分の質料をお支払いいただければ、エルメスのバッグを手元に戻すことができます。店頭でのみのお取引となります。

②6月15日に出質の場合

借りた金額(元金)と、2ヶ月分の質料をお支払いいただければ、エルメスのバッグを手元に戻すことができます。店頭でのみのお取引となります。

③7月15日に出質の場合

借りた金額(元金)と、3ヶ月分の質料をお支払いいただければ、エルメスのバッグを手元に戻すことができます。店頭でのみのお取引となります。

④7月15日に質流れとさせる場合

7月15日の期限までに一切のお支払いがない場合、質流れとなり、お預かりしていたエルメスのバッグを返済に充当させていただきます。この場合、返済の義務は一切なくなり、借りたお金も利息も全く支払う必要はありません。当然、催促や取り立てなどもありませんのでご安心ください。ただ、大切なバックを質流れにしてしまうのは勿体ないので、できる限り出質していただくことをおすすめします。

⑤7月15日に期限の延長をする場合

7月15日の流質期限までに全額お支払いできないときは、3ヶ月分の質料をお支払いください。期限が10月15日に延長されます。店頭、または振込での利用が可能です。

元金を段階的に下げることも可能です

1ヶ月ずつ元金を下げていただくと、それに合わせ質料も安くなり、預けた品物を出しやすくなります。分割払いのような方法で、さらに利用しやすくなります。店頭でのみのお取引となります。

ご不明な点につきましては、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

「よくあるご質問」をご用意しておりますので、お問い合わせの前にこちらもご覧ください。

よくあるご質問

質屋さんをご利用いただくお利息について

当店の利率は質屋営業法ならびに郡山質屋協同組合の規約に基づき利率を設定しております。近年は偽装質屋の問題もあり、お客様の利息利率の不安は大きくなっています。「安心なお店」のマークがある全国質屋組合連合会加盟店には、偽装質屋はございません。ご利用は、右のマークのあるお店をご利用ください。当店は、全国質屋組合連合会加盟店ですので、適正な利率で営業しておりますのでご安心ください。
また、全国的に質屋さんの利息利率は、地域やお店によって異なります。当店の詳しい利率は、質料お問い合わせフォームからご確認下さい。

質料お問い合わせ

ご不明な点につきましては、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

「よくあるご質問」をご用意しておりますので、お問い合わせの前にこちらもご覧ください。

よくあるご質問

質屋の用語解説

入質(にゅうしち、いりびち)

「質入れ」ともいいいます。商品を質屋に預け、お金を借りることです。

質料(しちりょう)

商品をお預かりしている間の保管料とお利息を合わせたものです。

出質(でしち、でびち)

「受け戻し」ともいいます。元金(借りたお金)と質料を質屋に支払い、ご自分の商品を戻すことです。

流質(りゅうしち)

「質流れ」ともいいます。入質している商品の期限が切れて所有権が質屋に移ることをいいます。流質した商品は質流れ品と呼ばれています。

利上げ(りあげ)

流質期限までに出質できない時、質料(お利息)を支払い、期限を延長することをいいます。

質札(しちふだ)

入質の際、お預かり内容を記入しお客様へお渡しするカードです。お貸しした金額・お預りした商品・流質期限等大切なことが書かれています。再発行ができないカードですので、無くさないよう大切に保管してください。